札幌市内でのレストランウエディングはこれ!

一生に一度だから納得できるウエディングドレスを!

結婚内祝いにはカタログギフト

結婚祝いをいただいた人へのお返しを結婚内祝いといいますが、いただく人というと身内から親戚や友人そして職場の人などいろいろなのです。当然性別や年齢も違いますので一人一人の好みを考えて、結婚内祝いのギフトを選ぼうと思ってもかなり大変であるといえます。そこで結婚内祝いのギフトにおすすめなのがカタログギフトというもので、内祝いを贈る相手にカタログを贈るだけで相手に好きな商品を選んでもらうことができます。これであればどんな人でも必ず欲しい商品が見つかりますので、好みを気にしながらギフトを選びに行かなく手間も省くことができるわけです。カタログギフトには生活で使えるようなものがたくさん載っていて、生活用品からおしゃれなインテリアや家具そして人気の家電製品もあります。女性にうれしい美容グッズや男性にうれしいグルメも満載です。

結婚内祝いは1ヶ月以内に

披露宴に招待しなかったけれど、お祝いをくださった方へは式後1ヶ月以内に感謝の気持ちを込めて結婚内祝いを贈ります。両親の友人、知人からのお祝いに対しても、結婚した当事者である本人からお礼心を届けたいものです。結婚内祝いは、贈られた品の半額くらいが目安です。ただし、いろいろお世話になったという人に対しては、金額にこだわらず、気持ちのままをお届けすることが大切です。品物としては、かつお節や砂糖などの祝儀品が無難ですが、先方の年齢や好み、生活環境に合わせて選んだ方が心がこもります。親しい人へは記念になるもの、例えばルームアクセサリーや漆器、陶器などがよくビジネスライクのおつきあいなら、さらりと受け取ってもらえるよう実用品や食品の方がいいとも言えます。また、託送する折は別便でお礼とお知らせをするようにします。

結婚内祝いに送るもの

結婚内祝いには非常に種類も多く、一体何を送るべきなのか迷うものです。何が一番喜ばれるのか?と考えた時一番便利なものに、カタログギフトがあります。相手に商品を選んでもらえるのが一番のメリットですよね。カタログギフトには、料金に合わせて商品内容は違うものの、食品、生活用品、アクセサリー、娯楽雑貨など、本当に様々です。送られた方も自分で欲しいものを選べるので喜ばれると思います。その他には、自分でラベルを作れるお酒などもあります。私はこれを実際もらったことがあるのですが、大変嬉しかったです。私がお酒好きということもありますが、名前入りのフォトプレートやお皿より、こういった消耗品も喜ばれると思います。また、内祝いに何が欲しいか直接聞くのも手だと思います。家電や生活用品など、自分では買わないが、人にもらって嬉しいものはたくさんあるはずです。こんなものもらっても…と思われるよりにも、個々に聞いて本当に欲しいものを送る方がいいです。